賢く車にのろう

色々なサービスを知って賢く車に乗ろう

自動車保険加入時に必要な書類について 自動車保険加入時に必要な書類について はコメントを受け付けていません。

自動車保険に加入する時、通常はまず見積もりをしてから正式契約することになります。それらの申し込みの際に用意する必要書類は、保険会社によって異なりますが、大抵は次のようになります。
まず、見積もりの段階では、正確な金額を出すために車両の情報などを求められます。そのため、車検証や運転免許証が必要になります。最近はインターネットで見積もり手続きが出来る会社が多いですが、その場合でも、情報を入力する際にそれらの書類を参照しなければなりません。
ただ、車を買う時は、その段階で車検証がまだ出来ていないこともありますが、型式や初度登録年月が分かっていれば、車検証そのものはなくてもよいことが多いです。
また、保険会社を乗り換える時には、ノンフリート等級などの情報を得るために、これまでの保険証券も必要になります。これについても、情報を把握していれば保険証券そのものはなくてもよいことが多いです。
見積りが終わって本契約する時にも、見積もりの時と同じく車検証、運転免許証、保険証券(会社乗り換えの場合)が必要となります。さらに、会社によってはコピーの郵送やFAX送信を求められることがあります。もし、その段階で車検証や以前の保険証券がない場合は、保険会社に相談するとよいです。

民間のロードサービス会社の特徴 民間のロードサービス会社の特徴 はコメントを受け付けていません。

1997年の規制緩和で、それまで1社だったロードサービスが民間でも行えるようになりました。それを受けて多くの企業が参入し、選択肢の拡大に繋がっています。自動車保険付帯で無料のロードサービスを利用出来る場合も多いため、上手く活用すれば費用の節約になります。
ロードサービスは主に2種類あります。無料ロードサービスが付き、レッカー使用回数や距離に制限がある場合がある通販型自動車保険によるものと、ほとんどが利用回数無制限で保険料が上がる、車両保険の特約としてオプションで加入するものです。
多くの自動車保険には無料のロードサービスが付いているため、別途ロードサービス会社との契約は必要ないと考えがちです。しかし、ロードサービス会社と契約していると保険会社によってはレッカーの移動距離が長くなったり、本来のサービス外の部分でサービスを受けられたりします。
また、多くの自動車保険は契約車両限定のロードサービスになりますが、ロードサービス会社の場合契約者に対して有効になります。そのため、サービスの対象に友人や会社の車、レンタカーなども含まれ、さらに他人の車に同乗している場合でも利用出来ます。
つまり、それぞれに利点がありそれぞれを補える場合もあるので、自分の状況と照らし合わせて判断することが必要だと言えます。

長距離ドライブが多い人の注意点 長距離ドライブが多い人の注意点 はコメントを受け付けていません。

現在、通販型の自動車保険のほとんどにロードサービスが標準装備されています。ロードサービスとは自動車運転時に発生するトラブルに対応してくれるものです。トラブルには、ガス欠、キー閉じ込めなどの軽いトラブルから、事故などによりレッカー移動が必要になるような大きなものまであります。
パンフレットなどでロードサービスの内容を見ると、どの会社も同じように感じます。しかし、ロードサービスの内容は、保険会社によって大きく差があるので注意が必要です。
レッカー移動サービスもその走行距離に上限があります。また、レッカー移動サービスでの注意点として、工場を指定できるかどうかも重要です。
長距離ドライブの多い人には特に注意する内容があります。それは、ロードサービスに含まれる、宿泊費、移動交通費サポートです。このサービスは遠方で事故が起きた場合に、現地での宿泊代や交通費を負担してくれるものです。長距離ドライブ中に大きな事故が起きた場合には、すぐに自宅に帰れない場合もあるからです。
また、被保険者だけでなく、同乗者の分も負担してくれたり、ペットを連れていた場合にはペットホテル代まで負担してくれるロードサービスもあります。自動車保険を選ぶ場合には、ロードサービスの内容もしっかり確認することが必要です。

レッカー移動サービスのチェックポイント レッカー移動サービスのチェックポイント はコメントを受け付けていません。

自動車保険を選ぶ際、色々な点を比較検討する人が多いです。保険料や保障内容はもちろん、ロードサービスも見逃せないポイントとなります。万が一走行中にトラブルが生じたり故障してしまった場合、頼れるのはロードサービスです。
充実したロードサービスを提供してくれる保険会社を探すためには、ポイントを押さえておくことが大切になります。なるべく自己負担を少なく済ませられる、良いサービスのある保険会社を選びたいところです。
ロードサービスの一つで大事な項目としてレッカー移動サービスがあります。ポイントとなるのは、無料でどこまでしてくれるかということです。
多くの保険会社は、移動距離に応じて利用料金を決めています。50Km程度までは無料でサービスしてくれる会社もありますし、長距離になると100Kmまで無料という保険会社もあります。遠出することの多い人であれば、補償範囲が広いロードサービスを選択した方がよいということです。
無料サービスしてくれる範囲を超えた場合は、1Kmごとに料金が発生するケースがほとんどです。価格設定は会社ごとに異なっています。
車種によっては移動サービスの自己負担額が多いケースもあります。輸入車の場合、故障時に交換できる部品が少ないために、負担が増える可能性が高くなるのです。

故障対応やレッカー移動時の対応について 故障対応やレッカー移動時の対応について はコメントを受け付けていません。

自動車保険(任意保険)へ加入していて良かったと感じる人の多くは、車の故障や事故があった場合です。何事もなければ保険を利用することはありませんが、万が一に備えるからこそ存在価値があると言えます。
多くの保険会社が行っているサービスを見ていくと、故障対応に力を入れていることが分かります。事故時の車両修理はもちろん、走行中に突然トラブルが起きた場合の対応を行ってくれるのです。どのような対応をしてくれるのか、その内容を見ていきます。
まずは24時間対応のロードサービスがあります。365日24時間体制でサポートしてくれる会社は多く、全国各地どこに居ても対応してくれるのです。中にはGPSを使ったサービスを実施している会社もあり、現在地が不明な場合の対応もしてくれます。
会社毎に異なりますが、提携している修理工場というものがあります。大規模な会社の場合は、全国各地で1500~2000箇所くらい工場を準備しており、すぐに駆けつけられるようにしています。
レッカー移動の応対に関しても柔軟なところが多いです。50~70km範囲内であればレッカー移動を無料で行ってくれるサービスもあります。万が一遠すぎて帰宅が困難である場合には、ホテルなどの宿泊費用を負担してくれるサービスがある会社もあるのです。

自動車保険のロードサービスについて 自動車保険のロードサービスについて はコメントを受け付けていません。

近年の自動車保険にはロードサービスが付いているものも多くなってきました。これは事故を起こして自動車が故障したときに、レッカー移動をしてくれたり、それにかかる費用を補償してくれたりするサービスです。
もともと日本でのこういったサービスは、日本自動車連盟が東京オリンピックを契機に始めたものでした。しかしそれだけでは補えない部分も出てきたため、1996年に高速道路でのサービスが日本自動車連盟以外にも解禁されました。さらに1998年には保険の自由化が始まり、保険会社もこういったサービスを使って他社との差別化を図るようになりました。
現在ではインターネットで契約できるものを主流に、多くの保険会社でこのサービスを展開しています。実際の内容としては、レッカーサービスのほかにバッテリー上がりやタイヤ交換、ガス欠などに対応してくれます。また旅先でこういったトラブルに見舞われたときのために、宿泊費用や帰宅費用を負担してくれる会社もあります。
サービスには各保険会社によって違いがあります。移動も無料範囲を設けているところとそうでないところがあり、その距離も10キロから100キロまでとかなりの差があります。サービスを重視して選ぶなら、よく各保険会社を比較してから選ばなければなりません。

誰もが利用出来る「早割」って何? 誰もが利用出来る「早割」って何? はコメントを受け付けていません。

一部の損保会社では自動車保険を一定期間早めに申し込むことによって保険料が割引になる早割を実施しています。これは保険会社共通で使われている略称で、早期契約割引やお早め割りといった各保険会社それぞれの名前でサービスを行っています。
基本的は満期日の45日以上前に申込むことで、保険料が2パーセントから5パーセントほど割引になります。中には保険の内容や保険料に関係なく、一定の金額を設定している保険会社もあります。保険会社を乗り換える場合でも継続する場合でも適用できる割引で、保険会社を乗り換えたときの方が割引率が大きい会社が多いです。
この割引のメリットは、保険料が安くなることと、更新忘れがないことです。これ単体での割引率は低いですが、エコカー割引やセカンドカー割引などのほかの割引と組み合わせることでかなりお得に利用できます。インターネットで申込できるところも多く、これを使うことによってさらに割引になることもあります。
また早めに手続きを行うため、自分に必要な内容をじっくり検討出来ます。更新日が近くなると慌ててしまって内容を見直さずにそのまま継続してしまうことも多いですが、早めに更新を行うことで、自分に今必要な保障だけをゆっくり考えられます。これを行うとさらに保険料を抑えられます。

インターネット割引サービスの注意点について インターネット割引サービスの注意点について はコメントを受け付けていません。

自動車保険を申し込む際、インターネットを利用すると限定の割引サービスを受けられるなどのメリットがあります。ただし、電話だと多くはその対象とならないため事前に確認しておくべきです。インターネットだと一度入力するだけで複数の保険会社の見積もりを確認出来たり、同じ条件で各保険会社の見積もりが行えるため比較しやすいなどそのメリットは大きいです。
また、保険料が下がる条件として等級も大事です。等級とは、事故のない優良ドライバーの保険料を安くするための制度です。新規契約時は6等級から始まり、以後1年間保険を使う事故がない場合、次の年から等級が1等級ずつ上がっていきます。
そこで気になるのが、獲得した等級は契約内容の変更や保険会社を変更することで無効になってしまうのか、という点です。実は保険会社各社は等級の情報交換制度により等級データをお互いに交換しているため、保険会社を変更した場合でも等級は引継がれます。
しかし、いくつか注意点があります。基本的に現在の契約と後の契約の保険期間を合わせなければなりません。多くの場合、契約の満期日の翌日から7日を超えると引き継げません。また、車を買い替える場合、入れ替え可能な車かどうかは保険会社によって違うため、買い替えを検討する際は保険会社に確認を取る必要があります。

ゴールド免許割引の詳細について ゴールド免許割引の詳細について はコメントを受け付けていません。

自動車保険も各保険会社が様々な割引制度を導入し、割引対象となる条件を細分化して決めています。例えば、年間の走行距離が少ない人や、自動車の使用目的が日常やレジャー使用の場合は事故を起こすリスクが少ないことから、割引率が高い条件となります。
そして、このように保険契約者が優良ドライバーであることを証明できる条件として、ゴールド免許保持者に対する保険割引があります。
この割引率は、基本的に非公開とされているので、ゴールドだからと一律の割引率が保障される訳ではありませんが、運転者の年齢によって分類されていることが一般的です。例えば、運転者の年齢条件が全年齢や21歳以上補償の場合は5~7%程、26歳以上補償や35歳以上補償の場合は10%程の割引というように、保険会社によって規定があります。
この免許は、運転免許を更新する日から遡って5年以上無事故無違反であれば、取得することが出来ます。
ただし、任意保険上、この割引の適用は、保険期間が開始する時点で契約上の自動車を主に運転する方、つまり、契約書上の記名被保険者の免許証の色がゴールドでないといけません。
つまり、保険期間の途中でゴールドになった場合でも、次の保険更新までは現状のままの契約内容ということになります。